おせちのご案内

新年を迎えるにあたり毎年ご好評を頂いております和泉屋旅館の特製おせち。今年は伊勢海老の黄金焼が復活し、またお菓子のお重が増えました。そして今回も黒豆は別添えでお届けいたします。

 
 

お問い合わせ

京都西本願寺前

和泉屋旅館

京都市下京区西中筋通正面下ル丸屋町122

075-361-0811

 

​​和泉屋旅館のおせちについて

コラボおせちとスイーツ

時代は移り変われど、変わらない日本の心が息づく宿。創業明治22年、国宝西本願寺を臨み、彼の板垣退助も利用したと伝わるおもてなしと京料理の宿。有職料理、精進料理、食養、そして京料理。料理長川合成佳の食への追及は飽くことなく進む。料理長曰く「カタチに残らないからこそ、心を隠し味に」をモットーに日々もてなしの料理を提供する。30品が詰め込まれたおせちには2か月前から仕込まれる唐墨を始め伊勢海老金色焼など目にも豪華な食材が並ぶ。料理長の発案により登場したおひとり様おせちは、全ての食材が一つずつ盛り付けられた宝石箱の様なおせち。

​そして、今回コラボレーションをしたパティスリーplein de la paix(プラン・ド・ラ・ペ)。オーナーパティシエは西宮、神戸三田のパティスリーで修行の後、フランスパリのパティスリーで従事。帰国後、カフェ、バーのケーキを請負。2014年に京都木屋町にパティスリーplein de la paix(フランス語で永遠の満ちる)を開業。レアチーズケーキを、凝固剤を使わずに代わりにわらび餅を配合することで、独特の食感に仕上がったレアチーズケーキに、お好みでみたらしソースを。新年らしい紅と白のマカロンには、フランボワーズとバラのクリーム、フランボワーズのパートドフリュイをサンドした、見た目、香り、味共に華やかなマカロンが添えられます。

IMG_6135-172dpismall1.jpg

©2020 by 和泉屋旅館おせち2021。Wix.com で作成されました。